札幌コワーキングスペース「AD.connect plus」

NEW INFO

『コワーキングスペース』が注目される理由

2020.04.03
札幌コワーキングスペース「ADconnectplus」
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア


 

こんにちは!AD.connectプラスです。

職場勤務や在宅勤務に限らず、
自由に場所を選んで仕事をする方が急増している
昨今において、
『コワーキングスペース』が注目されています。

働き方改革の推進によりオフィス以外の場所で
仕事をする人が増えています。
『貸しオフィス』的な場所でいえば
・サテライトオフィス
・レンタルオフィス
・シェアオフィス
などがありますね。
どれも「仕事場」ということでは同じなのですが、
何故あえてコワーキングスペースが注目されるのか?

今回はコワーキングスペースの特徴や
活用するメリットをお伝えしていきます。

 


 

コワーキングスペースとは

 

コワーキングスペースとは、
『Co(共同で)』と『Workin(仕事をする)』の
2つの言葉を合わせたもので、
会社員、フリーランス、副業者問わず、
様々な社会人が出入りして仕事をするスペースです。

レンタルオフィスのように個室スペースではなく、
自由席&共有型のオープンスペースになっているのが
特徴です。

従来のシェアオフィスとは異なり、
利用者同士の交流やコミュニケーションの機会の
創出にコンセプトを置いた施設が多いことも
特徴です。

イベントやセミナーの開催等で活用したり、
業種の異なる利用者が交流する場として
幅広く広く活用されています。

料金も都度払いや月会員など利用頻度や目的により
柔軟に対応している施設や
法人向けのプランもあるため、
1人1人の働き方に合った利用が可能となっています。

 


 

コワーキングスペースを活用するメリット

 

◆快適なワーキングスペース

 

フリーアドレス型の席のため定期的に利用する方も
その時の気分によって自由に席を変えられるので、
気分もリフレッシュしながら長期滞在が可能です。
1人だけで静かな環境で集中して作業したい方、
複数人で打ち合わせをしたい方など、
目的に合わせた利用が可能です。

自由に使えるWi-Fi、電源、

プリンターなど仕事に必要なインフラが完備

基本的にビジネス用の高速回線を契約していることが
多いです。
外出先のカフェやファミレスでよく起こる
「Wi-Fiが弱い………」
「電源の席が埋まっている………」
という心配がありません!

 

 

 

◆商談や打ち合わせが可能

 

会議室、ホワイトボード、TVモニター、

プロジェクターなどの備品が用意されています。
出先で紙の資料をバラバラ見せて話があちこちに
飛ぶこともなく、
一貫して時短な形で打ち合わせなどが行えます。

 

 

 

 

◆低コストでワーキングスペースを確保し、長時間の滞在でも周りを気にせず集中できる

 

時間単位や1日単位で利用できる「ドロップイン」は
1日数百円程度から利用することが可能です。
カフェやファミレスでの長時間の利用は

「お店のスタッフや他のお客さんの視線が気になる……」
「ドリンクを頼まないと悪い気がする……」

など周りの目を気になることがあると思います。
また、中には滞在時間が指定されたり、
中には仕事での利用が禁止しているお店もあります。

その点、コワーキングスペースには
コーヒー一杯片手に数時間滞在する罪悪感が
ありません。
必要な時間だけ滞在でき、
ゆっくりとくつろぎながらストレスフリーで
仕事ができます。

 

 

 

 

◆様々な人との交流やビジネス機会の創出

 

自由席&共有型というコーワキングスペースの特徴や
イベントやセミナー等を通じて
普段のオフィス勤務では出会う機会が少ない
多種多様な業種・業界の人たちとの交流することが
できます。

・情報交換
・スキルアップ
・新たなビジネスの創出

といったまたとない機会を得られる可能性があるのも
『コワーキングスペース』ならではの特徴といえます。

 


 

コワーキングスペースと以外に
どんなオフィスがあるのか?

 

①サテライトオフィス

 

本社以外の都市部や郊外に
職場を新たに設置することで、
自身が通勤するオフィス以外の別の拠点で
仕事をすることがができます。
外出時や出張時に手軽に近くのオフィスで
社内ネットワーク環境を利用でき、
通勤時間や交通費用を減らすことができます。

 

 

②レンタルオフィス

 

必要な設備が設置された専用のプライベートな
個室のワークスペースです。
1人用から会議に使えるものまで様々なサイズがあり、
プライバシーが守られているため
機密情報の取り扱いも安心です。

 

 

③シェアオフィス

 

特定の個室を持たないフリーアドレス型の
ワークスペースです。
基本的に自由席のため自分の好きな席を探して
仕事をします。
コワーキングスペースとの明確な線引きは
ありませんが一般的には
「シェアオフィス = 仕事場」
「コワーキングスペース =
利用者同士の交流やコミュニケーションの機会の促進」
という意味合いが強いです。

 


 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?
様々なオフィス形態がある中で
コワーキングスペースは1人1人に合った
快適な職場環境の提供だけでなく、
業界業種問わず様々な人が利用する交流の場としても
注目されています。

施設ごとにコンセプトは異なっているので、
ご自身の働き方に似合う理想的なオフィスを
見つけましょう。

また、AD.connectプラスでは【 こちらの記事 】
施設の利用ポイントが書かれています。
こちらの記事と併せてお読みいただき、
参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

NEW INFOに戻る
トップへ戻る